スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い牛。 



画像はシクのランボルギーニ・エスパーダ。

私、SIKUはちょっとしか所有してませんけど、
このキャストが結構お気に入り。
金色のエスパーダは以前に入手していて、
(※某オクにて..)
違うバリが欲しいなぁ、と以前より思っていましたのれす。

専門店でキャンピングカー引っ張ってる箱有りの奴を
海外出張らしき白人オヤジに目の前でかっさわれ。
まぁ、五千円も出せない(出したくない?)私だから?
どうしようもない訳で、ウダウダ....

画像のシクは箱無し、中古。ちょっと高かった(w

でもねー。いいんですよ。好きな車種&ミニカーだからね。

......

.......

しかし、海外だと古シクってどんな評価なのでしょうね?
ドイツ本国じゃどれくらいの値段で取引されてるんだろ..


.........



今夜の音楽

high land,hard rain / aztec camera

スポンサーサイト

Comments

シクマニア?

ドイツ人って43の精巧なミニカーを集めていると言うイメージが..(笑う

でもそうですよね。英国のマッチと同じく、
SIKUって古いブランドですもんねー。

奥のカルマンギアも希少車種ですよね。
アレも高くなるんだろうなぁ..

少しばかり参戦しようか思っています(爆

古シクにしかない希少車も当然あるんですが、欧州のイーベイをウォッチしてみると、Vシリーズ以前のモデルはやはりそれなりに高いです。お大尽感覚にならないと、落とすのは厳しいっていうぐらい。箱無しやジャンクなら、手が届くかも…?

日本にトミカ専門コレクターが数多くいるように、あちらにはもっぱらシクだけを愛でる方々がおられるようですよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://qowz.blog19.fc2.com/tb.php/216-fd34d624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。